魔法のしっぽ

アニマルコミュニケーション&ヒーリング+動物愛護センターボランティア日記

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもいつもありがとうございます。

ランキングバナーをクリックすると、ちょこっとヒーリングをお受け取りできます。


   人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ
   浄化 クリアリング   調和 ハーモニー  守護 プロテクション

応援ありがとうございます☆

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1/9NHK里親詐欺報道。放送されなかった、虐待犯の真実。

動物愛護の問題にあまり関心がなかった方、初めて触れる方に見ていただくには、
有意義な番組だったと思います。

ですが、実は番組をみて、拍子抜けしました。
chocoさんからうかがっていた話と随分違う編集がされていたからです。

番組では、子猫を30匹集めては虐待し、公園に捨てていたおっさんから、
chocoさんが4匹の猫を取り上げる一瞬が映っていました。
「虐待犯」から猫を取り上げた。解決、めでたしめでたし、という感じで。

しかし実際には、chocoさんはおっさんに向き合って、
おっさんの抱える寂しさを受け止め、おっさんは重い口を開き真相を語りました。
虐待というよりは「飼い方がわからない」という無知。

・足の踏み場のない部屋で、文字通り踏んづけてしまった。
・猫風邪の対処の仕方がわからなくて死なせてしまった。
・病院に連れていくことすら、知らなかった。
・連れまわしたのも、可愛がっているのを見せびらかしたかった。
・猫が懐かなくて、もてあまして捨てた。
・でも寂しくて、次々と猫が欲しかった。

chocoさんは、
足の踏み場もないようなおっさんの部屋を一緒に掃除してやり、
猫の正しい飼い方を指導し、公園の猫の保護を手伝わせ、
「『猫のおっちゃん』って皆に慕われるようになるで」と励まし、
おっさんを改心させました。

これって、すごくないですか?
「虐待犯」としてつるしあげるのは簡単です。
誰かの責任にすることで、人は安心するからです。

その「虐待犯」に手を差し伸べること。
私がchocoさんの立場だったら、できただろうか?

もちろん、虐待は許されることではありませんし、病的・猟奇的な虐待犯もいます。
しかし、社会的な繋がりの希薄さや無知、貧困が虐待を生み出しているケースもあるのです。。。
(人間の子供に対する虐待も、そういうケースがありますね)

chocoさんを尊敬します!

NHKにはここまで番組にして欲しかった。
一緒に立ち会って、カメラを回していたはずなのに。



ふくのおやかたさんがご自身のブログで、
chocoさんの思いや問題点をまとめてくださっていますので、
以下の転載をお読みください。


======================
『犬・猫・ヒトの共存を夢見て』より転載


1/9のNHK「追跡!AtoZ」で紹介された里親詐欺の箇所について、
番組をご覧頂いたみなさんへ、お詫びと、ぜひ知って頂きたいことがあります。

長文となりますが、どうか最後まで読んで頂けるとうれしいです。

~~~

まず、前回、当ブログで、おっさんの虐待事実のみを取り上げ、
その後のchocoさんとおっさんの経緯を知らずに記載してしまったことを、
ここに心よりお詫び致します。

chocoさんの日記で、おっさんがなぜ?あんなことをしたのか、
その背景と、その後のおっさんのことを知りました。

また、NHKの番組自体に、悪意ともとれる編集があり、
また、【捏造】がありましたことも含め、下記にお伝え致します。

~~~

番組冒頭、大阪の猫里親詐欺・虐待をしたおっさんが紹介されました。
確かにおっさんが虐待した事実はありました。

しかし、今は、おっさんはchocoさんから正しい猫の飼育方法の指導を受け、
おっさんなりにちゃんと猫の面倒を見ています。
また、おっさんは、chocoさんと出会ったことで、
今は「地域への恩返しのために、猫保護活動を手伝いたい」と言うほど、改心してくれました。

NHKは、そこまで取材をしていたにもかかわらず、
編集により「chocoさんが、困ったおっさんから猫を保護した」という部分だけを放送しました。。。

さらに問題は、NHKは【捏造】までしていました。。。(捏造については、下の方に記載)

取材を受けたchocoさんは、大変ご多忙の中、NHK取材に付き合ったにもかかわらず、
このような編集のされ方に対し、大変憤りを感じておられます。
以下、chocoさんのmixi日記(2010年01月10日)から、一部転載します。
 ↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

おっさんの生の声。。。

一人ぼっちで生きてきて。。。

家族がほしかった。。。

でもどう扱ったらよいか解らなかった。。。

実際に死んでいった命は、虐待よりも、

病院に行くことさえ知らないおっさんの悲劇と

きちんと最初にフォローしてやらなかった団体の落ち度。。。

そこのところはきちんと取材してたはずなのになあと思う。

(中略)

おっさんは、最後に一言、仔猫の収集を

止めてくれてありがとうと、泣き。。。

今は、きちんと再譲渡した2匹の猫を大切に

育ててくれ。。。

今又新たに、地域への恩返しの為に、

猫の活動を手伝ってくれようとしている。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

番組を見て下さった方に、
どうかこの部分だけは 知って頂きたいと思い、お伝えします。

---------------------------------------------------------

また、NHKのこの番組に、【捏造】がありました。

司会者の背景に飾られた動物のパネルを、
「虐待を受けて怪我を負ったり命を落とした猫たち」
と紹介していますが、うち一枚の子の死因は、虐待ではなく、猫風邪です…。

NHK側より、「虐待はされたけど今は、幸せになった子を紹介したいから」と
言われたため、chocoさんは情報提供されたのですが…。

この件に関しては、私も直接NHK側へ伝え、
また、必ずchocoさんへ謝罪をするよう、連絡しております。

~~~

里親詐欺をはたらく人間の大半は、【転売目的】です。

巧妙な手口で大量に猫を掻き集め、毛皮や動物実験目的の企業・機関へ売り飛ばす、
金銭目的です。

もちろん、虐待目的のケースも少なくありません。

本当に糾弾・追跡しなくてはならないのは、そちらのほうです。

~~~

番組で出たおっさんは、自分の罪を理解し、これから自分がすべきことを理解しています。
おっさんはもう、責められるべき人間ではなくなりました。
私たちがそのゆくえをしっかり見守り、応援すべき人になっています。

~~~

私を含め、動物保護活動をしているたくさんの人が、この番組に大変期待し、
またブログに告知掲載したり、直接友人や親類に連絡して
「ぜひ見てほしい」と訴えてきました。

なのに、事実を知れば、この顛末。。。

NHK側の編集に騙されないで。。。


※この記事は転載フリーです。


======================
転載ここまで
スポンサーサイト

いつもいつもありがとうございます。

ランキングバナーをクリックすると、ちょこっとヒーリングをお受け取りできます。


   人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ
   浄化 クリアリング   調和 ハーモニー  守護 プロテクション

応援ありがとうございます☆

| 動物愛護センター報告 | 23:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。